用語解説

プロジェクトマネージャーとは?役割、必要なスキル、資格について解説

デジタルトランスフォーメーション(DX)、新規事業開発、既存の業務プロセス改革など、現代の急激な市場環境の変化に迅速に対応するために、企業は今、「プロジェクトマネジメントができる『人財』」を求めています。プロジェクトマネジメントは、プロジェクトを立ち上げた際に立てた目標を達成するため、さまざまな制約や条件の中で合理的かつ論理的に計画を立て、実行していくマネジメントアプローチ(手法)です。プロジェクトマネジメントを実践するリーダーを「プロジェクトマネージャー」といいます。

今回は、プロジェクトマネージャーの概要、役割、必要なスキル、資格について詳しく解説します。

プロジェクトマネジメントに関しては、こちらの記事をご参照ください。
プロジェクトマネジメントとは?~スキルと向上方法~

広告

プロジェクトマネージャーとは?

プロジェクトマネージャー(Project Manager、略してPM)は、プロジェクトの目的や目標を期日までに達成させるために、プロジェクトの計画から実行、完了の全てのフェーズで意思決定を担う総責任者で、企業などの実施組織から任命されます。プロジェクトマネージャーになると、プロジェクトを実行するための組織を作る権限、意思決定に必要な指揮命令権、予算の執行権などが与えられます。同時にプロジェクトを完遂し、完了させる責任を負います。

資源(ヒト、モノ、カネ、時間)の制約の中で、プロジェクトマネージャーの持つプロジェクトマネジメントの経験や知識、技術、遂行能力、人間性などを通じて、プロジェクトの目標達成に最善である方策をタイムリーに決めていかなければなりません。

プロジェクトマネージャーの役割

一般的なリーダーから管理者まで、プロジェクトマネージャーが担う役割と責任には幅があります。PMBOK Guide(詳細は後述)によると、プロジェクトマネージャーの役割は以下の通りです。

統合マネジメント 作業範囲やスケジュール、コスト、品質など、各要素を統合的に管理・調整する
スコープ

(作業範囲)

作業範囲を管理・コントロールすることで、プロジェクト実行中にどんどん広がり高負荷になってしまうことを防ぐ
スケジュール

(タイム)

納期を守るためのスケジュール管理
コスト 承認済みの予算でプロジェクトを進めるための計画や見積もり、資金調達など
品質 プロジェクトの成否を左右する要素の1つで、ステークホルダーからの要求に沿った成果物を納品するための品質方針の立案、計画など
資源

(チームメンバー)

必要な人材を集め、プロジェクトを実行するチームの育成とマネジメント
コミュニケーション 情報交換のために会議を設定し、プロジェクトに必要な情報が必要な人に適切に届いているか、確認すること
リスク プロジェクトは未来の目標達成を目指すため、不確実性が常にある。事前と発生時のリスク対応が大切。
調達 プロジェクトに必要なものを計画的に調達しなければプロジェクトは動かない。調達の管理やコントロールが必要。
ステークホルダー

(利害関係者)

顧客やユーザーだけでなく、プロジェクトマネジメントオフィス(PMO)など、社内外を問わずプロジェクトに直接的または間接的に関与する人たちを満足させ、プロジェクトの応援団になってもらうことが大切。

 

PMBOKとは?

PMBOK(ピンボック)とは、アメリカの非営利団体PMI(Project Management Institute)が策定した、プロジェクトマネジメント知識体系「A Guide to the Project Management Body of Knowledge」の略語で、プロジェクトの目標を達成するための方法論が述べられています。プロジェクトを進める上で必要な知識と活用方法を、「知識エリア」として10個に分けてまとめたものです。
<10の知識エリア>
統合、スコープ、スケジュール、コスト、品質、資源(チームメンバー)、コミュニケーション、リスク、調達、ステークホルダー

2021年現在、第7版までリリースされていますが、第6版から第7版にかけて大幅な変更がなされています。
ただし、PMBOK Guideの内容が全てのプロジェクトに一律に適用されるわけではありません。

プロジェクトマネージャーに必要なスキルとは?

プロジェクトマネージャーは、プロジェクトマネジメントをはじめとした十分な知識を持つことが重要です。プロジェクトマネジメントは日々発展しているので、PMBOK Guideをはじめ最新の情報を取得し、自己訓練や研修などを通じて研鑽を積む必要があります。
PMBOK Guideでは、プロジェクトマネージャーに求められるものとして、特定分野のスキル及びプロジェクトの知識以外に、さまざまなスキルを挙げています。

テクニカル・プロジェクトマネジメント

プロジェクトマネージャーは、各方面に存在する専門家と仕事をすることが多いものです。テクニカル・プロジェクトマネジメントスキルとは、技術的な側面をカバーしながら、プロジェクトマネジメントの知識を効果的に活用することで、プロジェクトに望ましい結果をもたらすスキルです。

テクニカル・プロジェクトマネジメントスキルには、以下のスキルセットが含まれます。
各プロジェクトに合わせて使用可能なツールやテクニック、メソッドを調整しながら、スケジュール、コスト、リソース、リスクを含む(ただし、これらに限定されない)プロジェクト要素を管理するスキル
徹底的に計画し、優先順位をつけるための時間を確保する
自分の専門分野の知識を深めるだけでなく、プロジェクトに必要な専門性を有するオブジェクトマネージャーを見つける

戦略的・ビジネスマネジメントスキル

プロジェクトマネージャーは、自分の組織で行われている仕事と、それにプロジェクトがどのような影響を与えるかを知っていなければなりません。また、プロジェクトの成功に向けて常に最善の判断を下せるようにするために、組織内のビジネスを運営するオペレーションマネージャーから専門知識を求め、考慮する必要があります。

戦略的・ビジネスマネジメントスキルには、以下のスキルセットが含まれます。
組織の概要を把握し、戦略的な調整と革新を支える意思決定と行動を効果的に交渉し実行する能力
財務やマーケティングなどに関する実務的な知識
製品や業界に関する専門知識の開発と適用

戦略的・ビジネスマネジメントスキルは、経験の積み重ねや新しい知識の習得によって日々高められます。

ソフトスキル

ソフトスキルとは、プロジェクトメンバーをはじめ、リーダーやステークホルダーなどといったプロジェクトを進めていくために必要な「人」に関する特性です。具体的にはコミュニケーション能力やプロジェクトにおけるリーダーシップ、制約条件のバランスをとりつつ目標達成を目指し、チームを統率する能力を指します。

ソフトスキルの主な内容は、以下の通りです。
口頭、書面、非言語などを使って細かく調整されたスキルを開発する
コミュニケーション計画とスケジュールを作成し、保持し、順守する
予測可能で一貫性のあるコミュニケーションをとること
ステークホルダーのコミュニケーション・ニーズを理解する
コミュニケーションを簡潔で明瞭、完全、シンプルかつ関連性がありテーラリング(プロジェクトの特性に合わせて、プロセスなどを設計すること)されたものにする

プロジェクトマネージャーに役に立つ資格

プロジェクトマネージャーとして活躍するためには、資格取得が近道です。下記に挙げた資格はいずれもIT業界では転職に有利な資格で、取得を目指す受検者が近年増加しつつあります。

PMP

PMP(Project Management Professional)とは、一定程度のプロジェクトマネジメント経験がある人に対して、PMBOK Guideの理解度を評価するための資格です。プロジェクトマネージャーの国際的な資格として、世界各国で積極的に活用されています。日本で39,850人、全世界で1,118,998人(2020年12月現在)の取得者がいます。

PMPを受験するためには、PMIのWebサイトを通して、受験申請書(Application)を作成します。受験申請書は英語で作成する必要があります。PMIにより受験申請が受理されると、インターネット試験を運営しているピアソンVUEにて受験可能です。

プロジェクトマネージャ試験

プロジェクトマネージャ試験は情報処理技術者試験(国家試験)のうち、12種類ある応用情報技術者試験及び高度試験の1つです。試験をパスすると、プロジェクトマネージャの称号を得られます。年に1回、秋期に実施され、受験の際はIPAのWebサイトから申込みできます。

まとめ

プロジェクトは、プロジェクトマネージャーが1人で動かしているわけではありません。チームメンバーやプロジェクトに関わるステ—クホルダーとともに、プロジェクトの目標達成を目指します。つまり、プロジェクトを動かすのは人であり、円滑に動かすために、プロジェクトマネージャーはプロジェクトマネジメントをはじめとした専門知識だけではなく、人の心を動かし、人々を1つにしていくスキルを身に着けることも大切です。

<参考図書>
『プロジェクトマネジメント 実践編』中嶋秀隆/監修 浅見淳一/著 総合法令出版 2009年
『プロジェクトマネジメント 理論編』中嶋秀隆/監修 中憲治/著 総合法令出版 2010年
『PMO導入フレームワーク~プロジェクトを成功に導く人・組織・プロセス・ツール』高橋信也 生産性出版 2010年
『よくわかる最新PMBOK第5版の基本 プロジェクトマネジメントを基礎から学ぶ』 鈴木安而 秀和システム 2013年
『担当になったら知っておきたい「プロジェクトマネジメント」実践講座』伊藤大輔 日本実業出版社 2017年
『A Guide to the Project Management Body of Knowledge (PMBOK® Guide)–Sixth Edition』Project Management Institute, 2017年
『図解入門よくわかる最新PMBOK第6版の基本』 鈴木安而 秀和システム 2018年
『よりよくわかるプロジェクトマネジメント』日本プロジェクトマネジメント協会 オーム社 2019年
『PMBOK第6版の知識と手法がこれ1冊でしっかりわかる教科書』前田和哉 技術評論社  2019年
『プロジェクトマネジメントの基本が面白いほど身につく本』伊藤大輔 KADOKAWA 2021年

【PR】