業界動向

MaaS関連ニュース まとめ読み -2022年2月(38件)-

2022年2月のMaaSに関するニュースをまとめました。今回紹介するのは38件のニュースです。

01.新サービス・新機能  7件

レベル4自動運転サービス向け「自動運転システム提供者専用保険」の開発(2022/02/04)

損害保険ジャパン株式会社
株式会社ティアフォー
アイサンテクノロジー株式会社

損害保険ジャパン株式会社、株式会社ティアフォー、アイサンテクノロジー株式会社は、国立大学法人東京大学 大学院情報理工学系研究科の加藤 真平准教授の研究室とともに、自動運転システムにより自律走行するレベル4以上に対応した 「自動運転システム提供者専用保険」を開発した。自動運転導入事業者が事業に活用する自動運転車に対して、自動運転システム提供者が保険を付保する契約方式は国内初となる。

詳細はこちら
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000057.000050415.html
 

アウトクリプト、V2X通信を支えるセキュリティ証明書管理システムの最新バージョンを発表(2022/02/09)

アウトクリプト株式会社

アウトクリプト株式会社は、V2X通信を実現するためのセキュリティ証明書管理システム「AutoCrypt SCMS」のバージョン5.0のリリースを発表した。

詳細はこちら
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000003.000093085.html
 

「JAL MaaS」でシームレスな旅のサポートを実現(2022/02/17)

日本航空株式会社

日本航空株式会社は、国内空港を中心とした地上交通での移動について、航空機の移動を含めた経路検索、交通事業者と連携した予約・手配を行える「JAL MaaS」の提供を開始。

詳細はこちら
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000636.000030684.html
 

フィリップス×公平病院、 多様な地域医療ニーズに柔軟に対応するため 「地域のかかりつけ病院」が所有する新しい「医療MaaS」モデルを開発(2022/02/17)

株式会社フィリップス・ジャパン

株式会社フィリップス・ジャパンと医療法人慈公会 公平病院は、慢性疾患患者や移動制限のある高齢者に対する長期的かつ定期的な疾患管理のため、オンライン診療をサポートする新しいヘルスケアモビリティを共同で開発、2022年2月より運用を開始。

詳細はこちら
https://www.atpress.ne.jp/news/297965
 

Baluko Laundry Place、エリア定額乗り放題の移動交通サービス「mobi」に新しいスポットとして登場!(2022/02/18)

株式会社OKULAB
WILLER株式会社

株式会社OKULABの運営するBaluko Laundry Placeは、WILLER株式会社が提供するエリア定額乗り放題の交通サービスmobi(モビ)に、新しい乗降スポットとして登場した。

詳細はこちら
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000065.000026908.html
 

「小田急アプリ」を、 2月21日開始(2022/02/21)

小田急電鉄株式会社

小田急電鉄株式会社は、2022年2月21日(月)に公式スマートフォンアプリ「小田急アプリ」を大幅リニューアル。「列車混雑予報」「列車遅延予測」「ロマンスカー情報」「チケット購入サイトへの遷移」機能を追加。

詳細はこちら
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000955.000012974.html
 

デジタル箱根フリーパス、小田急線全駅窓口でQRコードによる改札認証を開始(2022/02/24)

小田急電鉄株式会社

小田急電鉄株式会社は、2022年3月2日(水)に、MaaS アプリ「EMot」等で販売する「デジタル箱根フリーパス(小田急乗車券付)」を対象に、小田急線全70駅の有人改札で、専用端末によるQRコードを利用した改札認証を開始する。対象となるQRコード付き「デジタル箱根フリーパス」は、同日10時に発売する。

詳細はこちら
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000959.000012974.html
 

02.業務提携 2件

MIRAI-LABO株式会社との資本業務提携について(2022/02/04)

東京センチュリー株式会社

東京センチュリー株式会社は、電気自動車のリース・レンタル事業の拡大を図るため、バッテリーの診断評価・リユース事業等を展開するMIRAI-LABO株式会社と資本業務提携を行った。

詳細はこちら
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000046.000076147.html
 

関西電力とWILLERがモビリティ事業において業務提携(2022/02/07)

関西電力株式会社、WILLER株式会社

関西電力株式会社とWILLER株式会社は、次世代モビリティ事業及び関連ビジネスを展開するために必要な企画開発・実施に関する業務提携について合意。

詳細はこちら
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000112.000027749.html
 

03.実績・導入 9件

RYDEと甲賀市が提携開始(2022/02/04)

RYDE株式会社、滋賀県甲賀市

二次交通のDXを推進するRYDE株式会社と滋賀県甲賀市が提携を開始。RYDEが提供するモビリティプラットフォーム「RYDE PASS」上で2月5日(土)から、甲賀市内で運行するコミュニティバス初のデジタル乗車券2種「甲賀市コミュニティバスフリー乗車券」「SKR・コミバス共通フリー乗車券」の販売を行う。乗車券購入時の非対面・非接触を実現。感染予防対策に努め、利便性向上を目指す。

詳細はこちら
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000039.000074063.html
 

境町の自動運転バスが1年間の安定運行を達成(2022/02/08)

茨城県境町
BOLDLY株式会社

茨城県境町は、ソフトバンク株式会社の子会社である BOLDLY株式会社の協力の下、自動運転バスの安定運行を1年間実施。また、この自動運転バスの社会実装の取り組みは「クルマ・社会・パートナーシップ大賞」において第1回(2021年度)の大賞に選ばれた。

詳細はこちら
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000017.000084523.html
 

電脳交通のクラウド型配車システム、業界大手のエムケイ京都630台の導入決定。IVR機能を活用した業務効率化も推進(2022/02/16)

株式会社電脳交通
エムケイ株式会社

株式会社電脳交通は、日本全国でタクシー事業を展開するエムケイ株式会社のグループ最大車両数を誇る本社拠点「京都エムケイ」の車両630台にクラウド型タクシー配車システム「電脳交通®」を今春導入し、運行を開始する。

詳細はこちら
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000037.000053640.html
 

「鳥取砂丘」エリアでの自動運転バス「NAVYA ARMA」を活用した実証実験においてWILLERから自動走行に関する一部業務を受託(2022/02/16)

BOLDLY株式会社
WILLER株式会社

BOLDLY株式会社は、2022年2月17日から鳥取市内の観光地「鳥取砂丘」周辺の公道で実施される自動運転バス「NAVYA ARMA」を活用した実証実験において、WILLER株式会社との業務委託契約に基づき、自動走行に関する一部業務を実施。自動運転バスの実証走行に関してWILLER株式会社から業務委託を受けるのは、京都府相楽郡精華町(2021年2月)と東京都豊島区(2021年3月)、愛知県名古屋市(2021年8月)に続き4件目となる。

詳細はこちら
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000014.000084523.html
 

独自のAIを活用したオンデマンド型シャトルサービスを展開するNearMe、JAL MaaSとの連携で「スマートシャトル®」が徳島エリアに上陸(2022/02/17)

株式会社NearMe

株式会社NearMeは、2月17日より徳島県に上陸。空港送迎の「nearMe.Airport(ニアミー エアポート)」の提供を全国12空港目として開始する。今回は日本航空がサービスを開始する「JAL MaaS」とも連携を行い、一気通貫でシームレスな旅のサポートを実現していく。

詳細はこちら
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000073.000031733.html
 

株式会社電脳交通、「JAL MaaS」にタクシー配車システム「電脳交通®」を提供(2022/02/17)

株式会社電脳交通

株式会社電脳交通は、日本航空株式会社が「JAL MaaS」の一環として運行する、徳島阿波おどり空港を発着するスマートシャトル(相乗りタクシー)に同社の配車システム「電脳交通®」を提供する。

詳細はこちら
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000038.000053640.html
 

近距離モビリティWHILLがリアルタイムの移動検索・手配サービス「JAL MaaS」に登場(2022/02/17)

WHILL株式会社

日本航空株式会社は、空港を中心とした移動の検索・手配をサポートするリアルタイム経路検索サービス「JAL MaaS」の運用を2022年2月17日より開始する。本サービス検索オプションに表示される移動手段の一つとして、WHILL株式会社の近距離モビリティWHILLの選択が可能となった。

詳細はこちら
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000078.000011151.html
 

MHIENG、シンガポールの新交通システム輸送力増強プロジェクトを受注(2022/02/17)

三菱重工エンジニアリング株式会社
シンガポール陸上交通庁

三菱重工グループの三菱重工エンジニアリング株式会社は、三菱重工のアジア地域拠点であるシンガポールのMitsubishi Heavy Industries Asia Pacific Pte. Ltd.および三菱商事株式会社と共同で、シンガポール北東部を走る全自動無人運転車両システム(AGT:Automated Guideway Transit)「センカン・プンゴルLRT」の輸送力増強プロジェクト工事をシンガポール陸上交通庁(LTA:Land Transport Authority)から受注した。

詳細はこちら
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000332.000025611.html
 

街中のタクシー相乗りニアミー タウン始動(2022/02/23)

株式会社NearMe

株式会社NearMeは、タクシーの相乗り解禁を受け、nearMe.Town(ニアミー タウン)を2月24日15時より、都内4区(中央区、千代田区、港区、江東区)で開始すると発表。

詳細はこちら
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000074.000031733.html
 

04.実証実験 8件

第一交通産業グループ x NearMe、独自のAIを活用し北九州空港と市内・苅田町をドアツードアで結ぶ空港送迎「スマートシャトル™」の実証実験を開始(2022/02/01)

第一交通産業グループ
株式会社NearMe

第一交通産業グループと、スマートシャトル™を運営する株式会社NearMeは、北九州市が行う「スタートアップSDGsイノベーショントライアル事業」に採択された。北九州市周辺と北九州空港間にて2月1日より実証実験を開始。

詳細はこちら
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000072.000031733.html
 

「渋沢栄一 論語の里 循環バス」合計約1万キロの自動運転走行を達成(2022/02/01)

深谷観光バス株式会社

深谷観光バス株式会社と埼玉工業大学は、NHK大河ドラマ「青天を衝け」の放映に合わせ、2021年2月16日(火)~2022年1月10日(月)の間『渋沢栄一 論語の里 循環バス』が98日間で合計約1万km(10554.5km)の営業運行による自動運転走行を実施し、運行を終了した。

詳細はこちら
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000049.000021794.html
 

高松市「スーパーシティ構想」、タクシーを活用した新しい交通モード「バタクス」創出に向けた実証事業に、株式会社電脳交通がタクシー配車システム「電脳交通®」を提供(2022/02/03)

株式会社電脳交通、高松市

株式会社電脳交通は、「スーパーシティ構想」で高松市が提案する、新しい交通モード「バタクス(Vehicle of Advanced Tarriff And Connection System)」の実証事業に配車システムを提供。運行管理をサポートする。

詳細はこちら
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000036.000053640.html
 

「こころ湧く、梅薫る湯河原 お得な街巡り」 観光型MaaS実証実験開始(2022/02/04)

株式会社JTB

株式会社JTBは、湯河原町・湯河原温泉及び観光関連事業者の協力のもと「こころ湧く、梅薫る湯河原 お得な街巡り」の実証実験を2022年2月5日(土)より行う。湯河原町で最大級イベントの「梅の宴」に合わせ、町内の回遊性向上を図るバス、箱根からの観光客の流入を促すためのアクセスバス、町全体での需要喚起を目的としたAIオンデマンドタクシーを用意。観光関連事業者の着地型旅行商品も用意し、湯河原温泉観光協会HP内の特設ページで販売。

詳細はこちら
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000840.000031978.html
 

大手町・丸の内・有楽町地区スマートシティプロジェクト 「歩行者・モビリティ・ロボットが共存するウォーカブルな空間」実現に向けて歩車共存空間での自動運転バス走行実証を実施(2022/02/07)

一般社団法人 大手町・丸の内・有楽町地区まちづくり協議会、BOLDLY株式会社

一般社団法人 大手町・丸の内・有楽町地区まちづくり協議会とBOLDLY株式会社は、スマートシティのプロジェクトとして、2022年2月18日(金)〜22日(火)まで丸の内仲通り(東京都千代田区)における歩車共存空間での自動運転バスの走行実証を実施。

詳細はこちら
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000016.000084523.html
 

スマートシティ実現に向けて5Gを活用した自動配送ロボットの公道配送実証を実施(2022/02/09)

株式会社ティアフォー
川崎重工業株式会社
KDDI株式会社
損害保険ジャパン株式会社
小田急電鉄株式会社
株式会社ホテル小田急

株式会社ティアフォー、川崎重工業株式会社、KDDI株式会社、損害保険ジャパン株式会社、小田急電鉄株式会社、株式会社ホテル小田急、一般財団法人公園財団の7つの企業・団体は、2022年1月22日から2022年2月10日まで、西新宿エリアにて、自動配送ロボットが5Gを活用して公道を走行しラストワンマイルの配送を行う実証実験に国内で初めて取り組む。2022年2月3日以降は、将来の自動配送ロボットの社会実装シーンを見据え自動配送ロボットの自律走行を遠隔地で監視・操作する実証を行うなど、より効率性・可用性が高く安全な配送の実現を目指していく。

詳細はこちら
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000047.000078307.html
 

山梨県都留市の学生を対象に、実証内インセンティブをベースにした新たなモビリティサービスの実証実験を2月21日より開始(2022/02/14)

Pathfinder株式会社
山梨県都留市の官民連携まちづくり法人
一般社団法人まちのtoolbox

Pathfinder株式会社と、山梨県都留市の官民連携まちづくり法人、一般社団法人まちのtoolboxは、都留市内での学生の回遊増加を目的とした「都留 学生向けモビリティ実証実験」を2月21日(月)〜3月15日(火)まで実施する。

詳細はこちら
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000004.000067457.html
 

上空シェアリングのトルビズオン 福岡県宗像市自由ヶ丘地区団地再生事業におけるドローン物流配送実験を実施(2022/02/18)

株式会社トルビズオン
福岡県宗像市
イオン九州株式会社

上空シェアリングサービス「Sora:Share(ソラシェア)」を運営する株式会社トルビズオンは、2022年3月6日に福岡県宗像市と共同で、イオン九州株式会社の協力のもと、ドローンを用いた物流配送実証実験を実施する。

詳細はこちら
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000020.000046605.html
 

05.資金調達  3件

「Mopi」株式投資型クラウドファンディングを開始(2022/02/16)

株式会社モピ

株式会社モピは、株式投資型クラウドファンディングサービス「FUNDINNO(ファンディーノ)」にて、2022年2月16日(水)より募集による投資申込みの受付を開始する。

詳細はこちら
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000014.000046924.html
 

グローバルカーライフテックサービス「cars」、シリーズA総額16億円の資金調達を実施(2022/02/16)

株式会社ファーストグループ

株式会社ファーストグループはシリーズAラウンドとして、第三者割当増資のほか、約16億円の資金調達を実施した。

詳細はこちら
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000008.000091408.html
 

Angel Box、自動運転などで使われるレーダーセンサーと 5G通信システム開発を行う 米MetawaveにシリーズBラウンドでの出資に関するお知らせ(2022/02/09)

株式会社Angel Box
Metawave Corporation

株式会社Angel Boxは、自動運転や航空などで使われるレーダーセンサーの開発や、5G通信システムの開発を行うMetawave Corporationへ、 非上場パートナーズを通じてシリーズBラウンドで出資した。

詳細はこちら
https://www.atpress.ne.jp/news/298264
 

06.調査  3件

自動運転車の市場規模、2030年に6,240万台到達予測(2022/02/09)

株式会社グローバルインフォメーション

株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「自動運転車の世界市場 (~2030年):コンポーネント (レーダー・LiDAR・超音波・カメラユニット)・車両タイプ (ハッチバック・クーペ&スポーツカー・セダン・SUV)・自動運転レベル (L1・L2・L3・L4・L5)・モビリティタイプ・EV・地域別」(MarketsandMarkets)の販売を2月8日より開始。

詳細はこちら
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000002790.000071640.html
 

自動運転システムの市場予測や関連企業の開発動向などを調査・分析した「2022年版 2035年における自動車産業予測」が発刊(2022/02/10)

株式会社データリソース

株式会社データリソースは総合技研株式会社が出版した調査レポート「2022年版 自動運転システムの現状と将来予測」の販売を 2022年2月7日に開始。今後、更に注目を浴びる自動運転システムの市場予測や関連企業の開発動向などについてまとめている。

詳細はこちら
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000007.000088648.html
 

イード、国内のMaaSプレーヤーに関する調査レポートを発表(2022/02/28)

株式会社イード

株式会社イードは、「国内MaaSプレーヤー調査:企業編」と題し、国内のMaaS関連企業に関するデスクトップ調査を実施。これらをまとめ、レポート化したものを発表する。

詳細はこちら
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000104.000004642.html
 

07.人事  2件

ストラドビジョン、新CFOにチャン・ソンヒョンが就任(2022/02/21)

ストラドビジョン株式会社

先進運転支援システム(ADAS)や、自動運転車両向けの物体認識AIソフトウェア『SVNet』を提供するStradVision, Inc.は、2022年2月21日、最高財務責任者(CFO)として、チャン・ソンヒョン(Sunghyun Chang)が就任したことを発表した。

詳細はこちら
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000018.000072834.html
 

プロダクト開発強化に向けた経営体制変更のお知らせ((2022/02/01))

株式会社MaaS Tech Japan

株式会社MaaS Tech Japanは、新たに取締役CSO/プロダクト開発統括を迎え、プロダクト開発部門を新設。プロダクト開発強化に向けた経営体制・組織体制の変更を行った。

詳細はこちら
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000015.000047675.html
 

08.その他  4件

ビズピット株式会社、自動車整備業界の現状と今後の展望をまとめたホワイトペーパーの無料配布を開始(2022/02/02)

ビズピット株式会

ビズピット株式会社は、自動車整備業界の現状と展望をまとめたホワイトペーパー「自動車整備業界の未来 現状と今後の展望への対応について」の無料配布を開始。

詳細はこちら
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000019.000063448.html
 

アディッシュプラス、地方創生の取り組みを目的にマッチング型ライドシェアサービス「notteco」を事業譲受(2022/02/10)

アディッシュプラス株式会社
株式会社notteco

アディッシュプラス株式会社は、株式会社nottecoが運営する長距離ライドシェアサービス「notteco」事業の譲り受けを決議し、事業譲渡契約を締結。

詳細はこちら
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000117.000029662.html
 

電動キックボードのご利用ガイドブックを東京海上と共同制作(2022/02/17)

株式会社Luup
東京海上ホールディングス株式会社

株式会社Luupは、東京海上ホールディングス株式会社と共同で「電動キックボード ご利用ガイドブック」を制作した。今後実施する安全講習会等の場で参加者の皆様へ配布、電動キックボードの安全な走行ルールの周知徹底に努める。

詳細はこちら
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000112.000043250.html
 

交通制約者に優しい自動運転バスのデザインレイアウト案を公開(2022/02/17)

株式会社NTTデータ経営研究所

株式会社NTTデータ経営研究所は、国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構が行っている「戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)第2期/自動運転(システムとサービスの拡張)/交通制約者に優しい自動運転バスに係る基礎調査」を受託。より安心して利用できる自動運転バスの実用化・社会実装を目指した調査を実施。調査結果に基づき、「交通制約者に優しいバスに係る基礎調査に基づくデザイン実装要件の構想と留意点」を作成し、NEDO成果報告書データベースにて公開した。

詳細はこちら
https://www.atpress.ne.jp/news/297700
 

【PR】